Tag Archives: アーマード

CPUならぬプレイヤーが雇い主! 『アー

ブランドン·ジェニングスは、アーマープロトタイプ低PEの下には、アーマーのプロトタイプの下で非常に最初の低上のサンプルを見て興奮していますか? このスニーカーは彼がバスケットボール協会のミルウォーキー·バックスによって起草された直後に、特にブランドン·ジェニングスのために作られました. solecollector.com経由して写真 フロム・ソフトウェアは、2011年に発売するPS3/Xbox 360用ソフト『アーマード・コア V(以下、ACV)』の新たなゲーム情報を公開した. 『ACV』は、自由度の高い機体カスタマイズ、愛機を自由に動かせる操作感などが人気を博すメカACT『アーマード・コア』シリーズの最新作. 今作では従来作品の遊びに加えて、”チームによる領地争い”という新たなシステムを導入し、それを軸としたさまざまな新要素が採り入れられる. ●これまでの記事 →新しくなった『ACV』の概要の紹介記事 →領地争いとオペレーターモードなどの紹介記事 →鍋島プロデューサーへのインタビュー(2月21日掲載分) →鍋島プロデューサーへのインタビュー(3月31日掲載分) 今回の記事では、シングルプレイ中心のミッションや、チームにとらわれず他のプレイヤーと一緒に遊べる傭兵システムなどの情報を掲載する. 目まぐるしく展開が変化するストーリーミッション 『ACV』では、シングルプレイ中心のミッションも、従来とは少し形を変更. 目まぐるしく状況が変わる大規模ミッションの”ストーリーミッション”と、1プレイが短時間で済む”オーダーミッション”の2つに分かれる. ここで描かれるストーリーは時間軸が異なるものの、互いにかかわりあって展開していくという. ストーリーミッションでは、荒廃した1つの都市を舞台に、1人の傭兵の戦いにスポットを当てたストーリーラインが描かれる. 長いミッションはクリアまでに1時間を超えるようなものもあり、ミッション中で次々と目標が変化しながら物語が進んでいくのが特徴だ. さらに、マップ中のガレージポイントと呼ばれる特定の場所では、機体のアセンブル(カスタマイズ)も行える. ストーリーに最も深くかかわるキャラクター”主任”. 他にも、多くのキャラクターとACが登場するという. 画像は主任の機体(左)とエンブレム(右). 今作では、登場キャラクターのひとりひとりが深くストーリーにかかわってくるという. イベントシーンの演出にもこだわっているとのことだ. ここからは、”低層区”と呼ばれるマップを舞台にしたミッションを例に、ストーリーミッションの流れを紹介する. ストーリーミッションは、クリア時間の長い壮大なミッションが多い. その分、マップもかなり広大となるようだ. ミッション開始時の目標は、低層区内の敵の撃破. マップは広大なだけでなく立体的なので、地形の構造を生かして敵を効率よく仕留めよう. 敵やマップの情報を読み取る”スキャンモード”を使った場面. スキャンモード時は情報が取得できる代わりに、いくつかの制限が設けられる. 通常の状態(戦闘モード)と切り替えながら、ミッションを進めていくことになりそうだ. 最初の目的をクリアして、イベントシーンへ. 敵スナイパー部隊が、上空から降下してくる. 敵のスナイパー部隊投下により、戦局が変わる. ミッションの目的もスナイパー部隊の撃破に更新された. 敵のスナイパー機は、レーザーサイト付きのスナイパーキャノンでプレイヤーを狙い、強力な一撃を放ってくる. 正面からの攻撃ではリスクが大きいので、地形や建物を利用して被弾を減らそう. … Continue reading

Posted in Uncategorized | Tagged , | Leave a comment